2010年05月27日

「シー・シェパード代表は間違っている」「家族恋しい」拘留の被告が激白 (産経新聞)

 調査捕鯨妨害事件で東京拘置所勾留され、27日に初公判を迎える米団体シー・シェパード(SS)のメンバー、ピーター・ジェームス・ベスーン被告(45)=ニュージーランド国籍=は23日までに、産経新聞との接見に応じた。同被告は、自身を「ラストサムライ」と呼び徹底した法廷闘争を叫ぶSS代表のポール・ワトソン容疑者(59)=カナダ国籍=は「間違っている」と語り、ミゾをうかがわせた。

 ワトソン容疑者はベスーン被告が拘束されて以来、「日本は違法な捕鯨を終わらせるための(抗議行動の)結集地となる」と主張し、法廷闘争のための寄付を募り、各国の日本大使館で抗議デモを行うよう支持者らに呼びかけてきた。ベスーン被告には「クジラのために命をかけることを誓ったのであれば、刑事被告人として扱われる脅威など些細(ささい)なものだ」と、徹底した法廷闘争を求めていた。

 だが、度重なる接見で同被告は「日本の捕鯨は許せないが、私は家族をもつ普通の人間であり、サムライのような闘士ではない。ワトソンは間違っている」と述べた。

 被告のもとには各国から数千通もの便りが寄せられ、そのほとんどは日本を強く非難する内容だ。しかし、同被告は「日本人は礼儀正しく、過酷な扱いを受けたことは1度もない。憎むべき国ではないと言いたい」と話した。拘束から3カ月が経過し「家族が恋しい」とも漏らし、「法廷では真実を話すが、裁判のことを考えると不安になる。できれば長く勾留されたくない」と裁判の長期化は避けたいとの考えを示した。

 また「私は自分の信じる道を突き進んだ余り、多くのものを犠牲にした。妨害はボランティアであり、昨年は収入が全くなかった。生活を考えなくてはならない」と話し、捕鯨妨害活動に参加し続けることに否定的な考えも示した。

 ベスーン被告の言動について、かつて捕鯨船団の団長として南極海でSSから妨害を受けた日本鯨類研究所の石川創・調査部次長は「SSのクルーは長期間、船に乗っている間にワトソン船長にそそのかされ、善悪の判断が麻痺(まひ)していく。被告は、危険な行為を行ったことを、冷静に見つめ直しているのではないか」と話している。

【関連記事】
「クジラを食べるな」DNA鑑定まで駆使し“日本食監視”
「政治的意図で逮捕状」と批判 シー・シェパード代表
「調査捕鯨監督官」古川紘子さん 重要さ、公正さ知ってもらいたい
船体に赤い塗料…SSの妨害受けた調査捕鯨船団母船が帰国
続く「アカデミー賞」の日本たたき 鯨肉出したレストランを訴追
中国が優等生路線に?

哨戒艦事件 政府、対北追加制裁検討など確認(産経新聞)
<谷内六郎さん>横須賀市に寄贈の表紙絵、遺族が返却求める(毎日新聞)
普天間移設 徳之島受け入れ7条件「すべてのむ」官房長官(毎日新聞)
<貨物船>宮崎県日向市の沖合で座礁 3人死亡1人不明(毎日新聞)
首相、外相らと対応協議…韓国艦沈没(読売新聞)
posted by オオトモ カツヒコ at 11:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

ペコちゃん連続窃盗犯に懲役5年…和歌山地裁(読売新聞)

 近畿各地の洋菓子店「不二家」の店頭からペコちゃん人形10体を盗んだほか、覚せい剤を使用したなどとして、窃盗罪、覚せい剤取締法違反などに問われた住所不定、元暴力団組員稲葉洋被告(43)の判決が13日、和歌山地裁であった。

 国分進裁判官は「窃盗では共犯者を誘うなど主導的役割を果たし、人形を換金することを繰り返した。店舗の象徴ともいえるマスコット人形で、店側の処罰感情は厳しい」として、懲役5年(求刑・懲役6年)の実刑判決を言い渡した。

 判決によると、稲葉被告は大阪府の解体作業員の男(38)(執行猶予付き有罪判決)らと共謀し、2008年5月〜09年2月に、和歌山、大阪など2府3県の不二家の店頭からペコちゃん人形計10体(計59万円相当)を盗むなどした。

女子柔道の谷亮子氏を擁立=民主、参院比例代表に(時事通信)
口蹄疫について鳩山首相「大丈夫だ。経済、経営のことはしっかり政府がやるから」(産経新聞)
ギャルみこしオーディション、竹の棒担ぎアピール(読売新聞)
首相動静(5月17日)(時事通信)
国内医療用医薬品が2ケタ増収―エーザイ(医療介護CBニュース)
posted by オオトモ カツヒコ at 16:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

石原知事「民主党議員は腰抜けばっかりだわ」(産経新聞)

 −−民主党の小沢一郎幹事長についてどう考えているのか?

 「それは言うと怖いから私は言えないですな。ただね、読売のナベツネ(渡辺恒雄)さんは昔からの先輩で非常に親しくしてんだけど。あの人がね、小沢君が持ちかけてきた大連合の話を内々に聞いていた。で、延べ3回か、4回か会ったんでしょうな。あの時の福田康夫総理がずいぶん注文をつけて、小沢君もそれを全部飲んだそうだけども。結局、持ち帰ったら若い連中が反発して大連合がまとまらなかったそうですよ」

 「結果として、それが良かったのか悪かったのか分かりませんがね。『一体、小沢君は何を目的として大連合を持ちかけてきたんですかね?』って言ったら、『そりゃ憲法改正と消費税だろう』って言った。これはとても大切なことでね。今みたいに各政党がポピュリズムに走って、人気取りのため、不人気になる増税のことなんかとても言えない時代にね。日本の財政はどんどんどんどん傾いていって、船でいうと機関室まで水が入ってきちゃったんだよ。こういう財政状況の中で一番的確な財源の確保は消費税しかないですよ。こんなに消費税の安い国は国はないんだから」

 「それから、この国際時代になって外国の投資が日本にやってこない。それは法人税が高すぎるから。日本みたいに高い国はないですね。こういったものを安くする、それを補填(ほてん)する財源は増税しかない。それが一番妥当なのは消費税しかないでしょう。いま安すぎるんだから」

 「これをね福祉に限って使う目的税にして…。かつての自民党でもその議論がありました。生活必需品を何にするのか。米を買ってくるのは非課税だけれど、コンビニで出来上がってるおにぎりを買うのは消費税の対象になるうんぬんの議論があったけど、どっかに飛んじゃったんだ」

 「で、どんどん船が沈んでいって、もう喫水線を割るまで水が入ってきた。この時期にね消費税(の増税を)誰かやらなくちゃいけないけど、単独の政党ではできない。『だったら大連合組んでやろう』ということで小沢君がこの話を持ちかけてきた。僕は一種の国家の大計を踏まえた提案だと思いましたな。本当だとしたら」

 「そういうことで感心したけれども。結局、実らなかったんだけれども。まあ彼も彼なりの政治家だから色々なことを考えてるんでしょう、それは。だけど結果はね、やっぱり私は見なきゃいけないと思う。それにまつわって金の問題は国民に対してはっきりと説明しないとね。何で政治家がやたらあちこちに土地を買って不動産を増やすのか、僕はよく分からんね」

 「そういったことも一国をリードしようと思っている大黒幕とするなら、黒幕ゆえでもやっぱり金銭に関する説明は国民にする必要があるのではないかと思いますけれどね。それ以上のことは分かりません」

 −−民主党の他の議員が小沢氏に意見が言えないということと、知事が述べた「怖い」ということは共通するのか?

 「そうでしょうね。僕なんて、(小沢氏より)とても怖くて力があったけど、田中角栄さんに反抗しました。あの人は小沢君よりはるかに陽性でね、陽気だったけれど。とにかく青嵐会が血判までして、金権(政治)に反対したんだから」

 「田中さんが失脚したのはロッキード(事件)じゃないですよ。ロッキード事件はもっと後になって起こったんだから。アメリカが『この男は必ず復活するだろう。したらば、またとんでもないことするぞ』と。その走りは何かと言うと、原子力(発電)のウラニウムの購買ルートをアメリカに依存せずに日本が独自のものを取っていこうって、彼が走り回って、カナダに行って。とにかくアメリカがそれに非常に怒って、ロッキード事件という訳の分からない事件を起こして。あの裁判もずいぶんめちゃくちゃな裁判だったね、考えてみると。(角栄氏が)失脚したんだけれど」

 「角さんが総理大臣を辞めたのは、僕たちが金権反対で、私が最初に論文書いて。これ私、告訴されました。そのあと立花隆君と、児玉隆也君が2つの論文を書いて。それで児玉隆也君が『淋しき越山会の女王』という、越山会と田中の金庫番をして絶大な権力を持っている佐藤昭子さんっていう女性をターゲットにして…。若い諸君は知らないだろうけれど。そしたら参考人に呼ぼうじゃないかってことを参議院で決めちゃったんだ。それで角さんスパッと辞めたんですよ」

 「ですからね、僕ら金権が良くないと思ったら必死になって戦いましたよ。まあ、そこに行くと、民主党の議員は度胸がねえな。腰抜けばっかりだわ。国を思うんだったらね、やっぱり『訳の分からない金ってものははっきりしてもらわないと困る』と、『政治そのものが不信になったら国政が立っていかない』と思ったならば、民主党の若い議員たちはもっと声を上げるべきじゃないですか? それが政治家としての責任だし、小沢幹事長に恩義があるなら、その恩を返す恩返しになるんじゃないか? はい、それじゃ」

【関連記事】
石原知事、漫画規制案で「非実在青少年って何?」
石原都知事の「帰化」発言で民団が抗議
身に迫る「国民の軽蔑」 首相の言動「評価しない」が82・9%
小沢チルドレンが反旗!横粂氏「国家のために幹事長辞して…」
首相退陣なら『小鳩連合』VS前原、岡田の権力闘争に 民主幹部が見通し
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

<火災>住宅全焼、1遺体見つかる…夫婦が不明 大阪・門真(毎日新聞)
人さし指以外で指紋変造テープ、審査盲点突く(読売新聞)
新住職祝い稚児行列 足立区谷中・法立寺(産経新聞)
新住職祝い稚児行列 足立区谷中・法立寺(産経新聞)
普天間問題 社民反発 5月政局本格化(産経新聞)
posted by オオトモ カツヒコ at 10:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。