2010年03月19日

規制見直し「遅い」 分権委、声明案で批判(産経新聞)

 政府の地方分権改革推進委員会(委員長・丹羽宇一郎伊藤忠商事会長)が19日の最終会合で取りまとめる声明案の概要が18日、分かった。政府が地方自治体の活動を細かく法令で規制している「義務付け・枠付け」の見直しが進んでいないことなどを批判している。

 分権委は昨年10月に政府に提出した第3次勧告で、地方側が求める104項目について見直しを求めるよう提言していた。しかし、鳩山政権は勧告通りの実施を36項目にとどめており、声明案は「速やかな実現」を求めている。

 また、鳩山由紀夫首相が国の出先機関統廃合と職員3万5千人の削減を盛り込んだ2次勧告に理解を示していたことを踏まえ、「抽象論ではなく、具体的に削減するプロセスに早急に着手してほしい」としている。

 分権委は安倍政権下の平成19年4月に地方分権改革推進法に基づき設置。これまで98回開かれ、政府に対し4次にわたる勧告を行ってきた。今月末で設置期限となる3年間の活動を終える。地域主権の実現を掲げる鳩山政権は昨年11月に地域主権戦略会議(議長・鳩山首相)を新設していた。

【関連記事】
首相を正式メンバーから外す 国と地方の協議機関
「国と地方の協議機関」で政府が骨子案提示
地方行財政検討会議が初会合 財源移譲議論
08年度の地方の借金197兆円 歳入・歳出は9年ぶり増加
橋下知事3年目 高支持を結果につなげよ
20年後、日本はありますか?

<奥州市長選>小沢昌記氏が初当選 岩手(毎日新聞)
鳩山首相 「法人税は減税の方向で」 参院予算委(毎日新聞)
<火災>2棟焼き独居の86歳死亡 大阪(毎日新聞)
<強盗>パチンコ店から2人組660万円奪う 千葉・白井(毎日新聞)
北朝鮮側の身勝手な要求 鳩山政権はどう認識?(産経新聞)
posted by オオトモ カツヒコ at 11:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。