2010年02月10日

小沢氏続投で摩擦も=「不起訴処分」には安堵−民主(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部が小沢氏不起訴の方針を固め、政権与党の最高実力者が刑事責任を問われる事態は回避されることになった。政府・民主党内には安堵(あんど)が広がったが、小沢氏の続投による支持率のさらなる下落を懸念する声も根強い。進退問題が沈静化するかは依然不透明だ。小沢氏に近い同党若手は3日、「幹事長続投は当然だ」と強調。小沢氏と距離を置く中堅の一人も「小沢氏は辞めないだろう」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜4億円「知人から預かった」〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

自民・麻生氏、1ケタ飛ばすミス…資産公開(読売新聞)
企業献金全面禁止で首相「早期に結論を」 衆院予算委が実質審議入り(産経新聞)
「凛の会」発起人 「自分の罪認める」 郵便不正公判(産経新聞)
漂着ポリ容器 ハングル4割(産経新聞)
朝青龍側「示談」を報告=マネジャーを任意聴取−暴行問題で警視庁(時事通信)
posted by オオトモ カツヒコ at 23:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

源純夏氏が参院選自民公募名乗り…競泳の銅メダリスト(スポーツ報知)

 シドニー五輪女子競泳の銅メダリスト・源純夏氏(30)が9日、自民党徳島県連が実施している夏の参院選徳島選挙区(改選数1)の公募に、12日にも応募することを明らかにした。同氏はスポーツ報知の取材に対し、「現役時代に国内外を見ているうち、日本の国のことに興味を持ちました。スポーツの分野はもちろん、その枠を超えて社会貢献していきたい」と意気込みを語った。

 この日、仕事で訪れていた大阪市内で取材に応じた源氏は、「警察官の父の影響もあり、政治には小さい時から関心を持っていましたし、いつかは(出馬)と思っていました。自民党をずっと身近に感じていて、今回、私の決意とタイミングが合いました」と明かした。源氏の地元・徳島には自民党の強固な地盤があり、自然な流れで今回の意思表示となったという。

 2000年のシドニー五輪では、女子400メートルメドレーリレーでアンカー(自由形)として銅メダルを獲得。マラソンの高橋尚子、柔道の田村亮子(現姓・谷)らとともに、日本中を熱狂させた。

 「今までサポートして下さったみなさんはもちろん、日本全体に恩返しするには、やはり政治の力は必要です」。さらに「スポーツ選手の社会的地位向上につとめたいし、女性が抱える様々な問題に取り組んでいきたいです。今は自分の気持ちが決まった段階ですが、これから政治のことを勉強して、全力で頑張ります」と続けた。

 源氏は01年に現役を引退し、中大卒業直前の02年2月、水泳仲間で幼なじみの男性と結婚。夫の転勤を機に、勤務していたテレビ朝日を退社し、故郷・徳島に戻った。自民党徳島県連は、2月中に候補者を決める方針。公募には現職の小池正勝氏(58)がすでに届け出ており、元衆院議員の七条明氏(58)も9日、応募している。

 今夏の参院選には、源氏が銅メダルを獲得した五輪400メートルメドレーリレーに第1泳者(背泳ぎ)として出場した中村真衣氏(30)の民主党からの出馬説も浮上。シドニーの戦友が国政選挙で対決するという構図が見られるかもしれない。

 ◆源 純夏(みなもと・すみか)本名・小松純夏。1979年5月2日、徳島市生まれ。30歳。小学1年から水泳を始め、徳島・城南高2年時の96年、アトランタ五輪出場。中大3年時の2000年、シドニー五輪では400メートルメドレーリレーの自由形で銅メダルを獲得。01年に引退し、現在は水泳インストラクター、徳島県水泳連盟理事。家族は夫。身長168センチ。

<SL>「重連運転」ファン魅了 北海道釧路湿原(毎日新聞)
フジが通期予想を下方修正 4〜12月期は28%の最終減益(産経新聞)
前副知事「わいろの認識ない」=福岡県町村会汚職で弁護人(時事通信)
6千万円超不正請求で介護事業者指定取り消し―神奈川(医療介護CBニュース)
「頑張って」と言ってない=首相、小沢氏との会談で(時事通信)
posted by オオトモ カツヒコ at 11:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

比較的速い判断=トヨタのリコールを評価−経産相(時事通信)

 直嶋正行経済産業相は9日の閣議後会見で、トヨタ自動車による新型「プリウス」など4車種のリコール(回収・無償修理)について、信頼回復への努力を求めた上で「比較的速い判断をした」と評価した。さらにブレーキシステムの不具合に関して「構造上の欠陥であるとは言い切れないと思う」との見方を示した。 

【関連ニュース】
〔写真ニュース〕厳しい表情のトヨタ社長
〔写真ニュース〕トヨタ社長、リコールで陳謝
〔用語解説〕「リコール」
欧米で技術解析拠点を増設へ=トヨタ
トヨタ、欧米で技術解析拠点を増設へ

<1票の格差>衆院比例ブロックの定数配分は合憲 東京高裁(毎日新聞)
【健康】治らない「胃痛」 薬は症状に合わせて服用を(産経新聞)
死刑容認、過去最高の85・6%…内閣府調査(読売新聞)
「政治主導確立法案」決定、国会に提出(読売新聞)
<鳩山首相>小沢氏の招致、明言せず…参院代表質問(毎日新聞)
posted by オオトモ カツヒコ at 01:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。